美白にはオイルが最適!馬油とホホバオイル・・・どちら効果的?

投稿者: | 2019年2月12日

最近はオイルブームと言っても過言ではないほど、色々な種類のオイルがお店に並んでいます。

日本人にとってオイルと言えば、揚げ物やドレッシングに使う油のイメージがありますが、食用だけではなく美容や健康のためのオイルがたくさんあるのです。


今までも海外から輸入されたオリーブオイルなどが流行ったことがありますが、最近のブームはほとんどが芸能人やモデルが火付け役ではないでしょうか?

彼女たちが紹介するのがほとんどが美容に効果があるオイルで、最近爆発的な人気になったココナッツオイルをはじめ、グレープシードオイル、馬油、ホホバオイルなどは売り切れがでるほど、多くの人が飛びつきました。


そんなオイルの中でも、直接肌に塗ることで美容効果が得られるのが、ホホバオイルと馬油です。

どちらも手軽に購入できる値段と使いやすさで、ブームにとどまらず長くる使い続けている人が多いようです。

それぞれの特徴

馬油とホホバオイル、どちらも使ったことがる人も多いと思いますが、どっちが本当に効果的なのかは分かりませんよね?

確かに、どちらも長く使うことで美肌、美白効果が得られるので、使ってすぐに肌が変わることはないのですから。


まず、昔から年齢を問わず愛用されてきた馬油ですが、これは保湿性にすぐれているので、乾燥肌の人には最適です。

また、浸透力がとても高いため、馬油と一緒に良い成分だけではなく悪い成分までもが浸透してしまうのです。

ですから、馬油を使う際は化粧水や洗顔料にまで気を使わなくてはなりません。


そしてホホバオイルですが、これは馬油よりもサラサラした液体で、オイルなのに塗ってすぐでもべたつきません。

肌のバリア効果を高める成分が含まれ、殺菌力にも優れているのでニキビ肌にも使うことができます。

保湿効果の面では馬油ほどのしっとり感がないので、乾燥肌の人には物足りないかもしれません。

美容オイル

効果的な使い方

美白効果があるオイルは馬油かホホバオイルか・・実はどちらにも同じくらい美白効果が期待できるのですが、その人の肌に合った方を選ばなくてはなりません。

自分の肌に合った方ののオイルを手のひらで温め、優しくハンドプレスしましょう。

洗顔後すぐに使うのがおすすめですが、抵抗がある人は化粧水の後でも大丈夫です。


なぜオイルに美白効果があるのか?

それは、はだのターンオーバーを正常に促すための保湿力があるからなんです。

それだけではなく、外からの刺激や紫外線から肌を守り、メラニン色素の生成を抑えることができるため、この二つのオイルは美白効果があるのです。


もちろん、黒い肌を急に白くすることは不可能ですが、肌を健康に保つことでシミやくすみを防ぎ、若々しい肌を保つことができます。

オイルは日焼けしてしまうと思っている人もいますが、正しい使い方をすれば美白効果も得られ一年中手放せないケア用品になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です