肌の透明感は生まれつき?今からでも手に入れる簡単な方法

投稿者: | 2018年11月30日

女優さんたちの透明感のある肌はとても美しく、憧れてしまいますよね。

美白を目指しながら考えるのは「あの透明感はどのように手に入れたものなのか」です。

どんなに高い化粧品を使っても、ニキビや肌荒れケアを完璧に行っても透明感を手に入れるのは無理ではないでしょうか?

そんなことを考えながら、透明感がある女優さんの肌をよくよく観察してみると、やはり共通して言えることは肌の白さです。

色白ではないのに透明感がある人は、一人もいなかったのです。

ですから、まずは美白を目指すことが大切で、一年中紫外線対策を行うこが何よりも大切です。

それに加えて大切なことは、シミはもちろんクスミを作らないことです。

年齢と共に肌にクスミができてしまい、なんとなくどんよりした肌質や色になってしまうからです。

それがないだけでもかなり透明感を感じる肌にはずです。

そのためのケアとして重要なのが、しっかりメイクを落とし一日の汚れを洗い流すことです。

なるべく肌に刺激を与えないようにマイルドなメイク落としを使って適当に落としていると、どうしても毛穴にメイクが残ってしまうので注意が必要です。

しっかりメイクをした日は、同じくらいしっかりメイク落としをすることが大切なのです。

その後は、しっかり保湿します。

肌に潤いがあると、肌に艶や透明感が感じられるので、肌の奥深くまで保湿成分を届けるようにしましょう。

毎日の保湿ケアに加えて、週に一度はスペシャルケアとして、パックをするとより肌は潤いを得ることができます。

生まれつき透明感があるきれいな肌を持っている人もいますが、自分で作っていくならば、保湿を意識したケアが効果的なのです。

 

メイクで透明感を出す

ファンデ

芸能人やモデルさんの中には、すっぴんではとても透明感がある肌!とは言えない人が多いようです。

もちろん、すっぴんも驚くほどきれいな人もいますが、ブログなどに載せているすっぴん写真は本当はメイクをしているなど、疑惑が残る場合がほとんどです。

普通に考えて、全くのノーメイクを多くの人に見てもらいたい!なんて人、ほとんどいませんよね?

「私はメイクをしなくてもこんなにきれいななの!」という自慢なのでしょうが、そのような人に限ってシミだけはコンシーラーやファンデで隠し、すっぴんに見えるようなメイクをしているのかもしれません。

話がそれてしまいましたが、ほとんどの人が実際は人様に見せられるような肌ではないと言うことです。

そんな人でも、メイクで透明感や美肌を演出できるので、覚えておくとあっという間にあこがれの透明感を手に入れることができるのです。

まず、メイク前にはしっかり保湿をすることが大切です。

その後、下地にブルーかパープルのカラーコントロールを使い、その上にリキッドファンデーションを塗ります。

パウダーファンデーションはマットになってしまうので、透明感を演出したい場合はリキッドを使いましょう。

ちょっとテカっているかな・・・と思うくらいが透明感を作るのには丁度いいので、皮脂を取り除きすぎないようにします。

このメイク方法で一番大切なのが、下地に使うカラーコントロールの色です。

自分の肌の欠点を隠し、透明感を出す色は人それぞれ違うので、最初は色々試しながら調節していきましょう。

これだけで今までの自分とは全く違ったあこがれの透明感を手に入れることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です