脇のブツブツを一刻も早く治す方法とは?正しいケアでツル脇になった人続出!

脇に鳥肌が立ったようにブツブツができてしまっているなら、その原因をいますぐ取り除く必要があります。
ムダ毛処理の際に使用する毛抜き・カミソリ、肌との間に摩擦を生んでしまう衣類、脇に直接刺激を与えてしまう紫外線、乾燥肌を引き起こすクーラーの風など、脇のブツブツを悪化させる原因は日常生活の中にたくさん潜んでいます。
まずは思い当たる
原因を取り除き、脇のブツブツをこれ以上悪化させない環境をつくることが何よりも大切です。

さらに、脇のブツブツは正しい方法でケアしなければなりません。
脇の毛穴に汚れが詰まっていることがブツブツの原因だと考え、これまで以上に強く擦って洗ったり、市販のピーリング剤でケアをしたりと、人によってさまざまなケアに挑戦しているようです。
しかし、これらの方法では脇のブツブツを治すどころか、悪化させてしまう恐れが出てきます。
脇の皮膚は非常にデリケートなので、負担を掛けないやさしいケアを行いましょう。
面倒なケアをしたくない!という人や、忙しい毎日でケアにあまり時間を割けない!という人には、脇のブツブツを治すために作られた専用のクリームやローションを使用してみるのもおすすめです。

脇のブツブツを悪化させる習慣

脇のブツブツができてしまう原因は人によってさまざまですが、普段の生活の中で自然と行っている習慣がブツブツを悪化させてしまっている場合があります。
女性の脇にできるブツブツの原因として特に多いと考えられるのは、「ムダ毛処理」です。
ムダ毛の生えていないきれいな脇を維持するために、毛抜きやカミソリなどを使用して定期的にセルフケアを行っている女性は多いです。
しかし、毛抜きやカミソリを使用しての頻繁なムダ毛処理は、脇の毛穴・皮膚に大きなダメージを与えてしまいかねません。
毛抜きを使用して脇の毛を無理に抜いた場合、毛穴や周りの皮膚が傷付き、毛穴が塞がれてしまうことがあります。
毛が皮膚の中に埋もれた「埋没毛」という状態になり、黒いブツブツに見えてしまうのです。
カミソリを使用した場合、脇のデリケートな肌がダメージを負って「毛包炎」という赤いブツブツを引き起こしてしまうことがあります。
傷付いた肌に細菌が入り込むことで起こる炎症です。
ムダ毛処理の他にも、制汗剤の成分が毛穴に詰まっていたり、皮脂汚れを放置していたりすると、脇のブツブツを悪化させる原因になります。
ムダ毛や汗などのケアも怠りたくはないですが、こういった習慣が脇のブツブツを悪化させることに繋がらないよう気を付けましょう。

脇の毛穴のお話

脇の毛穴は、非常にデリケートです。
全身の中でも特に敏感な部分なので、強い刺激を受けることにより塞がってしまったり、赤く腫れて炎症を起こしてしまうことがあります。
では、私たちの生活の中で、どのようなことが脇の毛穴に刺激を与えてしまっているのでしょうか?

まず考えられるのは、脇の「ムダ毛処理」です。
毛抜きやカミソリを使用して自宅でムダ毛処理を行う人は多いと思いますが、皮膚が引っ張られたり傷付いたりすることで、毛穴に負担を掛けてしまいます。
毛を処理した後のケアがきちんと出来ておらず、毛穴が不衛生になり細菌が入り込んでしまうケースも少なくありません。
また、脇汗・におい対策のために使用している制汗剤が原因となり、脇の毛穴の状態が悪くなってしまうこともあります。
特にスプレータイプの制汗剤は、成分が毛穴の奥まで入り込みがちです。
一日の終わりにきちんと洗い落とさなければ、毛穴が塞がれたままの状態になります。
毛穴が不衛生になって肌荒れを起こしたり、脇の嫌なにおいを発生させる原因になったりします。
脇の毛穴は外部からの刺激を受けやすく、そのダメージによる炎症やブツブツを引き起こしやすい部分であると知っておきましょう。

脇は意外と乾燥しやすい

脇は身体の中でも特に皮膚が薄く、デリケートな部分です。
そして、意外に思われるかもしれませんが、非常に「乾燥しやすい」場所でもあります。
脇の乾燥を放置していると、強いかゆみやブツブツなどの症状を引き起こす恐れがあるため、きれいな脇を保つには保湿に気を遣う必要があります。

脇が乾燥しやすいとされる具体的な例は、「摩擦」や「水分の蒸発」などです。
皮膚と衣類との擦れによる摩擦や、腕の動きによって生じる摩擦など、脇は常に何らかの摩擦に晒されています。
摩擦自体が刺激になって肌荒れを起こしてしまうこともありますし、ヒートテックのような化学繊維の擦れによって脇にかゆみ・乾燥を招いてしまうこともあります。
もともと脇の皮膚が乾燥しがちになっていた場合、角質層に亀裂が入るような形で傷付いてしまうことがあるため、気を付けたいですね。
また、脇は季節問わず汗をかきやすい場所です。
汗をかく、汗が乾く、そしてまた汗をかく、といった状態が繰り返されることで、肌が本来持つ水分量も失われやすくなります。
脇汗をかきやすい体質だから乾燥することはないだろうと思って油断していると、脇の乾燥が原因で炎症やブツブツを引き起こしかねません。
敏感な脇の肌にも使用できる保湿クリームでケアをするなどして、乾燥した状態を防ぎましょう。

脇のブツブツケアはとてもシンプル

脇のブツブツを自宅でケアしたいときには、正しい方法で行うことが大切です。
「難しいことをしなければいけないの?」「何種類もの化粧品を使用しなければ治らないの?」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、意外とシンプルなお手入れでブツブツが解消されてしまう場合もあります。
脇にブツブツができているのは、脇の皮膚の状態があまり良くないからです。
乾燥して敏感になっていたり、外部からの刺激を受けて傷付いていたりと、決して健康な状態ではないはずです。
そこで、まずは「保湿」を重点的に行うことをおすすめします。
肌が乾燥しがちになっていると、外部からの刺激に敏感になり、脇のブツブツが治らないどころかさらに悪化させてしまう恐れがあります。
保湿ケアにより脇を保護し、ダメージを受けにくい状態をつくった上で、きれいな肌へ整えていく美容液やボディークリームを使用すると良いでしょう。

脇を保湿するためのアイテムと、美容成分が含まれたアイテムとを別々で用意するのが難しいときには、「アットベリー」のような脇のケア専用ジェルを選ぶと良いかもしれません。
保湿成分と美容成分が含まれており、安心して脇に使用できるやさしいジェルに仕上がっているので、より手軽に毎日のケアを続けられるでしょう。

アットベリーの特徴

アットベリーには、脇のブツブツや肌荒れをきちんと治していくための「トリプルサンド方式」が用いられています。
脇のブツブツを効率よく治すためには、うるおいを与える保湿ケアと、肌の状態を整える美容成分、そしてその成分を逃がさないようベールのようなガード層も必要になってきます。
トリプルサンド方式とは、ナノ化した美容成分を肌の角質層までぐんぐん浸透させる「内部」のケア、浸透した美容成分を閉じ込める「外から」の集中ケア、そしてうるおい成分がベールやバリアの役割を果たす「保湿」ケアの3ステップによる独自ケア方法です。
プラセンタ、グリチルリチン酸2K、甘草フラボノイドなどの美容成分と、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が作用し、きれいでなめらかな脇へ導いていきます。

また、アットベリーには脇のにおいに効果的な成分も配合されています。
抗菌効果が期待できる「桑エキス」と、抗酸化成分である「天然ビタミンE」により、脇から発生する嫌なにおいを抑制します。
脇のブツブツ・黒ずみをケアすると同時に、脇のにおいも抑えられるのが薬用アットベリーなのです。
肌にやさしい低刺激で、着色料やシリコン、石油系界面活性剤、鉱物油、アルコール、パラベン、紫外線吸収剤といった化学成分不使用で安心です。

特典付きのお得な公式サイトはこちらです!=ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】